2012年01月20日

貸し切り蕎麦屋「季彩」訪問記

話は昨年の春のこと。蕎麦春秋の編集長S氏より「玉川学園に1日1組限定のお蕎麦屋さんがある。興味があれば訪れてみれば。」との情報を頂戴した。
簡単に訪問出来るかと、軽い気持ちで電話を掛けてみたところ「3ケ月前の1日朝8時から予約を受ける」とのこと。その後、せっかくの1日になっても電話を掛け忘れたりして、ようやく予約が取れたのが12月分の予約を受け付ける9月1日であった。 

日程は決まり、次なる問題は参加者。このお店は「6名限定」。声を掛けた一部の方に先走りがあり、一時は参加候補者7名となってしまったが、何とか調整も済ませ、当日を迎えることとなった。 

お店は「玉川学園前」駅から徒歩15分のところに位置するのだが、直線コースを辿るとすると、急坂を登り降りすることとなる。あの先走りメンバー氏のアドバイスにより、迂回路を辿って店を目指すこととする(本当のところは和服の女性が参加しており、そうせざるを得なかったのだが)。 

店の住所に到着。住宅案内図には個人宅の名前ばかりで店名の表記は無し。その住所に該当するお宅にも看板の類は全くなし。これで本当に良いのかしらと少々不安になったが、個人名の出ているお宅の玄関をノックし、確認をすると女主人が現れ、間違いないとのこと。


玄関.jpg


一同、ようやくひと安心し、室内に入れて貰う。室内は、調度品も程よく並べられ、期待ができそうな思いが募ってくる。
 

調度.jpg

室内調度


待つこと暫し。まず加賀のほうじ棒茶が、次に自家製の梅酒と先付けが提供される。
先付は、ペコロスの辛子載せ、五菜ひたし、柿と長ネギの柚子びたし、里芋の友あえ、ニンジン・麩・シイタケの肉団子風、椎茸のあわびもどき、紅千枚漬けのひとくち寿司が品良く盛られ、これを前にして、早速蕎麦前を別途注文。ご主人の郷里福井の黒龍純米酒が供される。


先付け.jpg

先付け


この後は、椀物(ほうれん草と豆乳汁をベースに、焼き大根・ごま麩・にんじん・生姜)、粟めし、揚げ物としてブロッコリィーの黒ごま揚げ、長芋のおかきあげ(柿の種)、ごぼう・にんじん・みつば・大豆のかきあげの盛り合わせが提供される。
 

椀物.jpg

椀物



粟めし.JPG

粟めし



揚げ物.jpg

揚げ物



それぞれの品を楽しんでいると、いよいよ蕎麦が登場。ご主人が八王子みなみ野「穂科」の教室にて学んだというたおやかな手打ち蕎麦。ここまでの料理と調和の取れた、品の良いものであった。

手打ち蕎麦.jpg

手打ち蕎麦


最後はデザート。紅茶とともに小豆で作った和風カステラ風ケーキ風丹波黒豆載せ、きな粉クリーム添えにて打ち止め。

デザート.jpg

デザート


これだけいただいて料金は3000円(別注文の酒代別)。豊かになった心持ちで、師走の空の下、もと来た道を玉川学園前の駅に向かった。
なお、メニューは季節ごとに入れ替わるとのこと。縁があればまた訪れてみたい。

 
〜 m 〜 


■完全予約制※本文中にある通り、予約の電話は、3カ月前の1日朝8時からのみ受け付ける。■住所町田市玉川学園4-3-29■電話042-732-8809■営業時間平日12:0015:00 ■定休日■アクセス小田急小田原線玉川学園前駅下車徒歩15分 

posted by 石臼の会会員 at 20:19| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ⇒日野・多摩・町田市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

町田「そば切り 萬両」での蕎麦会(後日譚)

「萬両」での蕎麦会の際に蕎麦春秋四方編集長より「町田市報にお蕎麦屋さん案内の記事を書いた」ことを伺っていたが、当該誌が送られてきたので紹介させていただく。

1まちびと2010春.jpg 











掲載誌は「季刊まちびと2010春号」。町田市で発行されているフリーペーパー。









まちびと2010春2.jpg








まちグルメのページに、四方さんの町田のお蕎麦に対する思い入れと、「萬両」「石の森(江戸ソバリエ編至福の蕎麦屋掲載店)」「藤田」「もち月」「穂高」「徳兵ヱ」、都合6軒の紹介記事が掲載されている。

 





町田市内のお蕎麦屋さん探検をなさりたい方には良いガイドブックになるのではないかしら。

「季刊まちびと」の配布場所については以下に問い合わせて下さい。   (m)

    町田市市民部市民協働推進課 
         
TEL042-723-2891 (月〜金8:3017:15)


                
posted by 石臼の会会員 at 11:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ⇒日野・多摩・町田市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

町田「そば切り 萬両」


蕎麦会
■  蕎麦は人を繋ぐ 


練馬にある蕎麦喰地蔵講の世話人会の際に、蕎麦春秋の四方編集長より「仕事場所の都合で週の間は町田に住むこととなった。ついては町田での蕎麦会はいかが」との有難い申出を受けた。

町田周辺をホームグラウンドにしている江戸ソバリエ「石臼の会」のy会長にこの話をしたところ、是非開催しようとのこと。早速、四方氏に連絡を取り日程、会場を決め、メンバーも集め、いよいよ当日を迎える。集合15分前にふと不安がよぎり、会場の「萬両」さんに連絡を入れたところ「四方さんから連絡は受けていません。でも場所はありますよ。」と温かい返事。ひと安心して集合場所に到着する。

駅から会場に向かう途中で、蕎麦はひとを繋ぐのたとえのように、なぜか参加者全員が全員合流してしまう。
そば切り萬両.jpg


乾杯が済み、早速四方節がスタート。会場予約ミス(幹事mのせいです)の話題を皮切りに、町田市政のこと、町田市民病院の食堂の蕎麦のこと、町田周辺のお蕎麦屋さん情報、町田市報にお蕎麦屋さん案内の記事を書いたことなど、「町田」と「蕎麦」をキーワードに盛り上がり、あっという間に2時間を越える時が経ってしまう。

  蕎麦前&蕎麦
■ では、その間に供されたものというと 
四方編集長と2.jpg


酒肴3種盛り(板わさ、小松菜と油揚げのおひたし、鴨焼きまたはにしんの山椒煮)、だし巻き玉子、車海老天ぷらと続き、最後は手碾きせいろにて仕上げ。

手碾きせいろは、蕎麦の味とともにもちもち感が口中に広がり、また、汁も蕎麦にあった程よい辛味があり、一同満足してこの店を辞す。

 
四方編集長と3.jpg
 
なお、一部メンバーはこのあと、馬肉で名高い「柿島屋」に向かったらしいとのこと。


「萬両」さん、予約もせずに大挙9名で押し掛けたことを改めてお詫び申し上げます。

                                                                                                幹事m文責



■住所町田市原町田6丁目17-18-101 フジビル87■電話042-720-0147■営業時間平日・土12:00-14:3017:30-20:00入店 /日・祝12:00-14:3017:30-19:30入店■定休日月、但し月曜が祝日の場合は翌火曜が休み■アクセス小田急小田原線JR横浜線 町田駅 徒歩3
posted by 石臼の会会員 at 09:57| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | ⇒日野・多摩・町田市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

「武相荘ともち月で蕎麦を食べよう会」の報告

 5月26日(),石臼の会のメンバー8人で武相荘の見学と,9人で「もち月」で蕎麦を食べてきた。前日は,雨模様で心配であったが,当日は打って変わって晴天,しかも太陽がまぶしい良い天気であった。これは,きっと参加者の日ごろの行いの結果でしょう。

さて,武相荘見学

PA0_0262.JPG小田急・瀬川駅から20分程度歩いて,武相荘に到着。すでにかなりのお客さんが散策していた。萱葺きの母屋に入り,展示品を見学,書斎にびっしりと並んでいる多種多様の書物にはびっくりした。また,離れの2階には,封を切っていない年代物のオールドパーなどの洋酒が並べられており,ここをなかなか離れない御仁もいた。

 PA0_0261.JPG案内人さんに「武相荘」の名の由来を聞くと,「ここは,武蔵野と相模の中間に位置しでおり,その「武」と「相」を合わせるとともに,次郎の性格をもじってつけたようです。」とのことであった。

 田舎風でありながら,近代風でもある不思議な空間であった。まさに「カントリー・ジェントルマン」の居所であった。それにしても,金持ちでなければできないなぁとの印象であった。

 

 次に,いろいろな雑誌に掲載されている「もち月」での蕎麦前・蕎麦吟味である。PA0_0260.JPG

 予定より,若干早めに到着。すでに一人はビール片手に待っていた。まずはビールで乾杯,その後日本酒に切り替わり,お勧めの奈良満(郡山),臥龍梅(静岡),たけ・・(島根)を次々に注文し,こっちの方が辛い,甘い,まろやかなどと日本酒吟味に花を咲かせた。また,肴も味自慢のとんかつや天ぷら,出し巻き玉子などおいしくいただいた。最後に,せいろ(550円)を頼んで閉めにした。ここのせいろは,あら挽きの外一でうまかったが,何PA0_0257.JPG十回となくこの店にこられているYさんは,「今日の蕎麦はきりっとしていた。たくさんの江戸ソバリエが来るといったので,店主は緊張していたのではないか。」と語っていた。また,店主の奥さんに,ここの玄蕎麦を少しいただけないかとお願いしたところ,快い返事があり,少しの玄蕎麦を手に入れることができた。(小さな石臼を買ったので,いずれ挽いてみようと思っている。)

 蕎麦前・蕎麦吟味の予定時間は1時間半であったが,1時間以上もオーバーしてしまPA0_0255.JPGい,ほとんどの方がほろ酔い気分となったようなので,町田巡りや国際版画美術館はまたの機会にしようということで,今回は解散となった。

 皆さん,お疲れ様でした。

posted by たけじん at 17:35| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ⇒日野・多摩・町田市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする