2008年05月12日

江戸流蕎麦が神田明神に奉納されました

 去る 5月11日(日)の神田明神例大祭に於いて、江戸流蕎麦が神前に奉納されました。
当日は雨模様で寒い日でしたが、 大勢の参詣客の見守る中で、古式に則り手際も鮮やかに
見事な手さばきで次々と三方に盛り上げられ、厳かに厳粛に神前に奉納されました。
 
 プロデュース側の三上会長、ほしさんをはじめ、打ち手の鵜の会の方々はお揃いのコスチュウムで凛々しく立ち振舞はれ会場の雰囲気は1段と盛り上がり、神田明神、江戸ソバリエ認定事業実行委員会双方にとって歴史に残る1駒になる出来事になったと思われます。

 打ち手の鵜の会のメンバーの中には寺西さん、莇さんの雄姿もありました。

 写真2枚を添付しますのでご覧下さい。


神田明神1.jpg 神田明神2.jpg

次項有当日の動画が公開されてます。
次項有フードボイス当日の動画を見る
posted by 龍成 at 23:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千代田・中央・港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック