2014年12月16日

神楽坂「九頭竜蕎麦」


今年は蟹が高値らしい。朝出掛けに、このニュースを見たのが何か影響したのか、昼時間に自然と「九頭竜蕎麦」に足が向いていた。

ちょうど去年今頃、こちらのコースをある偉い方のご相伴に預かった。コースが進むうち出てきたのがセイコ蟹。うぅ〜んかぶりつきたい。でも偉い方の前で、いかん。しかもちょっとよそゆきの和服だし、で・で・できない。なんとか理性を保って、箸でちょこちょこつついて礼儀正しく食べ、何か福井の名酒をホンノ一口、口をつけたと思う。が、恐ろしいことに存分に食べられなかったという以外の記憶がない。食べたハズの〆蕎麦も思い出せない。なんだこのモヤモヤは…人間の脳とは、或いは味覚とは、緊張すると機能しなくなるのかぁ?と思って、はや1年だ。




ということで、いつの間にか店の前。

リベンジに…思う存分蟹を・・・は、時間の都合、いや所持金の都合で出来ないけれど、折角だから蕎麦を。



越前おろし蕎麦

店の前の品書きに、「玄蕎麦を粗めに挽いたそば粉を使い、毎日打ち立てをご提供」と書いてある。はぁ、粗挽きだったの?やっぱり記憶がない。


平日1155分 店内に入れば、先客は2組。既に食べ終わってゆっくりしているマダム2人組と、会社員風の2人組。おろし蕎麦¥740.-と心に決めて入ったけれど、一応メニューを広げると、ランチの蕎麦と丼のセットは¥890.-。彼らは、このセットを食べた様子。迷うなぁ。



やっぱり、福井と言えば「おろし蕎麦」だ。


 九頭竜蕎麦「おろしそば」.jpg



手前のお箸は普通サイズ。それらと比べて蕎麦の量を推測してもらいたい。ということで、とても上品な量。麺は1.5o太さ。おろし蕎麦は粗挽きでなかった。福井産ソバ粉を二八とのこと。伺えば、地元福井では玄挽きのものを使うそうだが、神楽坂では江戸蕎麦風にしているそうだ。おろしのお汁をぶっかけ風に掛けて、鰹節と薬味を乗せ、さっと混ぜて手繰る。さっぱりととても美味しい。






九頭竜 湯桶.JPG







蕎麦湯は、蕎麦と一緒にお洒落な竹筒型?湯桶に入って出てきた。


さらさら透明で自然な釜の湯。

蓋がないから…持ってきてくれたのが早かったし…蕎麦を食べ終わる頃には…。






お昼休みの学生さんやら会社員の方々が、ぞくぞくと入ってきて席が埋まった頃、私は店を後に。入り口奥正面の打ち場では、2s玉をグングン伸ばしていた。





セイコ蟹♪余談

誰もが知っている「越前蟹」は、ズワイガニの雄のこと。雌は「セイコ蟹」と呼ばれて、小さい体に沢山の卵を抱え…・・・これがもぅ〜あなた!美味しいっ!そして更にミソも!堪らない、まったりとした旨味の塊。

「越前蟹」は全国区の冬の味覚の王者だから、あちこち東京のお店でも買えるし食べられる。高いけれど。ね、お金さえ出せば食べられる。でしょ。そう。お金持ちは「越前蟹」を、豪勢に豪快に食べてください。

でも、セイコは地元で消費されるのが主なので、他の地方にそう多くは出回らない。九頭竜蕎麦では、そのセイコ蟹が食べられる。


私は、とある筋から毎年セイコ蟹&水蟹のお取り寄せをする位大好きなものだから、あの日は予告なく唐突に好物が出てきて、余りの嬉しさに、危うく偉い人の前だと言うことを忘れ、かぶりつきそうになった。


今年のセイコ値段はどうかなぁ〜、少し分量を減らすことになるのか?蟹は遠慮なくかぶりついて、しゃぶりつくように食べるのが一番だなぁ。熱燗できゅぅ〜とね、こりゃ堪らん。





■住所新宿区神楽坂3-3■電話03-6228-1886■営業時間[月〜金]11:3014:30LO14:0017:3023:00LO22:30/[] 12:0023:00LO22:30/[]12:0021:00LO20:30■定休日無 ※夏期、年始休み等は、お店に確認してください。■アクセス東京メトロ各線「飯田橋駅B3出口、徒歩3分/都営大江戸線「牛込神楽坂駅A3出口より徒歩5

次項有店のHP

posted by 笑門来福 at 09:58| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ⇒新宿・豊島・渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
笑門来福さま
せいこ蟹!美味しいですね〜。私も大好き、蟹の中で一番好きです!
先日築地へ行ったら場外に売ってましたよ。1匹600円、高いのか・・・安いのか・・・この日は 別の物が沢山あったので 買いませんでした。仲卸の人から、「素人は良くない物を掴まされることもあるから特に年末は 買わない方がいいよ」と注意を受けていたこともあり、またゆっくり、聞いてからにしようと思いました。
Posted by うさこ at 2014年12月19日 13:55
うさこさま

いつもコメントを有難うございます。

あぁ〜やっぱり!うさこさまも好きですか
せいこ蟹、美味しいですよねぇ。堪りませんよねぇ。
そう年末年始、人が集まるときにも食べたくなるから
需要>供給になって、今一の物を買っちゃったりも…なんでしょうか!?
値段もやっぱり、大きな変動があるようですね。

なんかニュースで、ロシア産の蟹がルーブル通貨の影響で
暴落するって…でもお正月には間に合わないらしい…。

こんな話をしていると、食べたくなっちゃいます。
Posted by 笑門来福 at 2014年12月19日 22:30
お店の前を何度か通った事が有り、気にはなってたのですが入りずらいんですよね。今度お店の前通ったらチャレンジしてみます。
Posted by とよ at 2014年12月24日 00:51
とよ さま

いつもコメントを有難うございます。

そう確かに、ちょっと入り辛いですよね。
店前の坂道からは高い塀だし、中の様子が全然見えないから
でも、入れば普通だと思います。

今回は、全てを取り仕切るちょっと強面の花番さんが
怯んで玄関に佇む私に気が付いて、親切に戸を開けてくれました。
Posted by 笑門来福 at 2014年12月24日 08:18
竹の皮の部分をしっかり削ってありますね。
竹は、皮の部分をそのままにしておくと割れてしまいます。
バーナーで炙って皮の部分の油分を抜くか、鉈で皮の部分をそぐかすると、長く使えます。
Posted by Mic at 2014年12月28日 22:45
Micさま

コメント有難うございます。

あの湯桶は、ずっしり重たかったような気がします。
本物の竹なんでしょうか?
ちょっとちがうような気もするんですけれど…わかりません。

次に行く機会があれば、聞いてみようと思います。
Posted by 笑門来福 at 2014年12月28日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック