2014年08月21日

神楽坂「山せみ」


都心は38度にもなったという酷暑の夕方、到着したのは開店3分前。近くをブラブラ一回りする程の時間でもないし…あぁ〜開けて貰うのが待ち遠しい。せめて、入店後直ぐオーダーできるよう店頭に出ていた品書きをジィ〜ッと吟味し、長〜い3分を有効活用?するべく努める。






蕎麦前

18時開店。一番乗りでカウンターの奥に座るが早いか「恵比寿ビールと、おばんざいを2セットお願いします」。



写真を撮るのも忘れ、良く冷えた銅のビアカップにまず1杯。くぅ〜〜っ生き返った心もち。おばんざいが出てくる前に、全て飲み干してしまいそう。でも本当の事を言うと、金属の匂いがするような気がして、銅のカップはちょっと苦手。なのでお代わりをせず、竹鶴2合(¥1760.- 税抜)を燗で頼んでおく。





山せみ おばんざい2セット.jpg


恵比寿ビール¥690.-税抜 おばんざい2セット¥1440.-税抜

3/1セット。 手前一番右側は、かわはぎ






さしみ.jpg


刺身(しめ鯖・まごち)¥1480.-税抜





池月誉燗専辛口も2合(¥1500.-税抜)とびきり燗でおねがいする。




山せみ 天せいろの天ぷら.jpg


天せいろ1枚(¥1400.-税抜)を、天先でお願いしたら、天つゆを2人分持ってきてくださった。こうして心配りしてくださることが、とても嬉しい。


有難うございます。






蕎麦



山せみ 天せいろのせいろ.JPG


天せいろのせいろ





山せみ つけとろせいろ.JPG


つけとろせいろ \900.税抜



本日の蕎麦打ち手として、蕎麦打ち場に名前が掲げてあった。概ね1.5oほどの太さで、のど越しが良い。汁はやや軽め。蕎麦湯はナチュラル。

中野で営業していた「白さぎ」を、こちらに移転して5年?程も経っただろうか。蕎麦前の充実したお店として、激戦区の神楽坂にすっかり溶け込んだ。





■住所新宿区神楽坂5-31 ■電話03-3268-7717 ■営業時間平日11301500L.O.1430* 18002230L.O.2200/土日祝11302200L.O.2130■定休日無休■アクセス東京メトロ各線「飯田橋駅B3出口出て右に坂登り、徒歩4分/都営大江戸線「牛込神楽坂駅」より徒歩2




posted by 笑門来福 at 10:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ⇒新宿・豊島・渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック