2014年06月01日

立ちそばガール!
そば  このファストで奥深い世界


立ちそばガール.jpg









   イトウ エルマ著

   講談社 2014520日発行

   ¥1200.-(税別)













北海道室蘭市生まれのイラストライター イトウエルマさんは、桑沢デザイン研究所グラフィック研究科卒。文具メーカーで企画・デザインに携わり、その後フリーに。本書は、日経ビジネスオンラインに連載していたものを、単行本化した。


私達江戸ソバリエのお師匠さんでもある あの寺西女流名人にも、時に教えを乞いつつ、蕎麦打ちもするエルマさんが、立ちそばの店を、女子目線・立ちそば初心者目線でルポし追求した実用食エッセイだ。


「今の立ちそばは、すごいんです。ゆでたて、揚げたて、打ち立ての十割そば!つるつる、しこしこ、つゆも極上!」と、書きすすめた本書のイラストを見ていると、あれもこれも本当に美味しそう。スペースや値段という制約の中で材料や作り方にこだわったお店の特徴や味の違いを紹介して、立ちそばというファストフードに迫る。


あぁ〜それにしても、懐石料理などコース料理の〆だったり、出前だったり、仕事途中の気軽なランチだったり、粋な昼酒の〆だったり、アフターファイブの一枚だったり、老若男女それぞれの楽しみ方のできる蕎麦って、本当に奥深いものだなぁ。


posted by 笑門来福 at 01:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 「脳学」レポート&著作物など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「嵯峨谷」という十割そば290円のチェーン店は唸りました。
てんぷらもすごいし、どうやって経営してるんだろうと思うくらい。
Posted by 波 at 2014年06月06日 11:19
波さま

いつもコメントを有難うございます。

290円で十割はホント凄いですね。
この春TVで見た「嵯峨谷」経営者の説明だと
十割を打つ熟練の職人は雇わない…
つまり人件費を削って、食材料費に充ててると。

押し出し式の製麺機から、ムニュ〜っとでてきた十割麺を
下で待ち構える釜の湯にドボン。
高給取り?のそば職人は必要なし。
でも、TVでは言わない秘密もあるでしょ?きっとね。

ちなみに、2007年京橋「恵み屋」も同じような押し出し麺でした。
http://edosobalier-ishiusu.seesaa.net/article/52612434.html

恵み屋追加情報としては
波さまも懐かしがりそうな、ミュージシャンが今でも時々セットになっているようです。

最近の恵み屋ツイッター見ると
キッス・ボストン・ピストルズ・グラックモア
ピーターフランプトン・イーグルスって、並んでますから。

Posted by 笑門来福 at 2014年06月06日 15:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック