2013年05月23日

墨絵で描く江戸蕎麦屋


伊嶋みのる著墨絵で描く江戸蕎麦屋.jpg








定価:1200円(税抜)

発行:2013615
文芸社






年間150軒も大好きな蕎麦屋の暖簾をくぐり、風情ある佇まいに惹かれては、その情景を絵に描きとめる江戸ソバリエ伊嶋みのるさんが、この度上梓されたのがこちら。粋な大人が墨絵で浮かび上がらせる70余店の蕎麦屋の面持ちも、それぞれの店に付された寸評も楽しみどころ。

私は、豪華伊嶋さまのサインとそれはそれは素敵な“一言exclamation”を入れて頂いた。その一言に影響されて?ニックネーム「笑門来福」を変えちゃおうかしらん?なんて思ったほど、あぁ〜お見せできないのが、残念。伊嶋さまってホントに素晴らしいセンスの持ち主なのだ。




posted by 笑門来福 at 20:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 「脳学」レポート&著作物など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック