2006年11月11日

小石川植物園の宿根そば

そばの種類には,普通そば,韃靼そば,宿根そばがあることは,皆さんご存知だろうと思われる。宿根そばとは,ほかのそばと違って多年草で,すべてのそばの原点と言われているそうで,若い葉は食べることができ,野菜そばとも言われているようである。また,その特徴から「赤地利そば」とも言われている。中国から薬草として輸入されたものが,その後野生化したようで,河川敷にも見られるとのことである。

 その宿根そばが,小石川植物園内に雑草のごとくひっそりと植えられているとのことである。その花が満開だとのことであったので,1022()に行ってきた。

 正門の職員に「宿根そばは,どこにありますか。」と尋ねたところ,初老の職員は「宿根そば,何それ。」みたいな返答であったが,奥にいた若い職員は「宿根そばなら,売店の手前に小さい白い花が満開ですよ。」との答が返ってきた。

さすが,植物園の職員・・・と思いながら,園内の坂を上り,本館の横奥を右に歩いていくと正面に売店が目に入り,左手に薬草園,その右手に,白い小さい花を咲かせた低い背丈ではあるが,こんもりとした小さい株の植物が見えてくる。これが,目指す「宿根そば」である。植物園の植物とは思えないほど,普通に生えており,管理などは特になされていないのではないかと思われた。

それは,白い小さな花を満開にさせ,見る者を釘つげにさせる雰囲気があった。近寄ると,虫がぶんぶんと舞っている。中には,青い三稜の実をつけている花も見えている。これが野生のそばなんだと感じいった。

PA0_0113.JPG   PA0_0115.JPG  

PA0_0110.JPG PA0_0112.JPG PA0_0111.JPG 
  10月22日  

 当日の夜,皆さんに満開の宿根そばを見に行ってもらおうと思い,本ブログに書こうとしたところ,急にパソコンが故障してしまい投稿することはできなかった。

 しかし,このまま投稿せず,ほっておくのも忍びがたかったので,その後の宿根そばの状況を確認し,投稿しようと思い,115()に再び行ってきた。

 そばの株はそのまま,花の最盛期は既に終わり,ちらほらと花が咲いており,実がたくさんついており,ところどころ黒い実になっていた。

  PA0_0146.JPG PA0_0147.JPG 11月5日

この実は,そば粉になることはなく,また土に返って新たな宿根そばになっていくのだろう。また,茎は,これから枯れていくのだろうが,根はそのまま残っており,再び来春に芽が噴出してくるのであろう。そのときには,また訪れてみたい。

 住所   東京都文京区白山3-7-1

料金   大人330円,小人110

休園   月曜日

連絡先  03-3814-0138

アクセス 都営地下鉄三田線「白山駅」から徒歩10

地下鉄丸の内線「茗荷谷駅」から徒歩15

posted by たけじん at 02:01| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 「手学」蕎麦打ち&畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソバリエ最初の年の講座で「宿根蕎麦」の存在を知りましたが、
未だ本物を見たことがありませんでした。
たけじんさまが在りかを教えてくださったので、
是非見てみたいです。
今週末荒れ模様のお天気ですが、
花が残りますかね・・・見に行こうかなぁ・・・
来年秋にしようかなぁ。
Posted by 笑門来福(#^.^#) at 2006年11月11日 10:53
今年の小石川植物園の宿根蕎麦は、どんな様子でしょう?
そろそろ花の見頃でしょうか?

たまたま本日、07’めん産業展で
ソバリエ関連の方々とその話がでました。
宿根蕎麦の実物が見られる場所の一つとして
たけじんさまの記事をご紹介しました。
今頃「石臼の会」ブログにアクセスして読んでくださっているんかもしれません。
Posted by 笑門来福 at 2007年10月17日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック