2010年04月26日

花のイタリアそば紀行

 ある日、石臼の会蕎麦打ち会に、お蕎麦屋さんの看板娘 さくら姫さんがやってきた。なんでも漫画でそば紀行“を描いて出版したという。
読ませて頂いたところ、これがまぁ〜元気の良いこと、なんだか嬉しくなった。私までキャピキャピと若返った気分。初めてのイタリア観光を素直な目線で楽しんだことが全140ページ程に綴られており、そのうちにイタリアそば探検(17ページを割いている)“という章が作ってあった。


そもそも、この漫画を書いたのは、蕎麦屋の常連さんに「イタリアで二八の蕎麦を食べてきた」と聞き、それなら自分も!というのが動機らしい。イタリアそば探検(17ページを割いている)という章では、ソバ粉の料理 ポレンタ(西洋蕎麦掻き? トウモロコシの粉を使ったものが主流であるが、ソバの産地では、ソバ粉入りも一般的。) や、シャット(ヒキガエルの意味。ソバ粉の生地でチーズを包んで揚げるもの。ぷっくりとしたカエルのお腹に似ているので、この名前で呼ばれる。も登場し舌鼓を打つ様子が描かれている。ピッツォケッリ(このエッセイ漫画では、二八蕎麦として扱われていたソバ粉を使ったパスタ。多くは短冊状のショートパスタか、幅広平打ち麺の形状。日本でも高級スーパー、イタリア食材専門店などで乾麺で売っているところも。ソバ粉の比率は日本同様各種バリエーション有り。 日穀製粉のHPには、製麺レシピ有り。)には、持参の麺つゆを掛けて食べてみたりもしていた。


こんなに可愛らしい漫画を描く看板娘のいる蕎麦屋さん、いいなぁ。お父さんの打つこだわりの蕎麦をなにより自慢に思い、家族皆で盛りたてている様子も伝わってくる。商売繁盛間違いなしだなぁ…なぁんて余計なことを想ったりもして。  


つい先ごろ石臼の会(m)さんが受講し、ブログ記事となったソバ博士のそば講座2010『ソバの国、東欧から博士きたる』 4/17特別開催でも、これらの料理が取り上げられたこともあり、このブログ的にもちょうど時事ネタであったので、エッセイ漫画をご紹介してしまうことに。 
 本表紙.jpg





「花のイタリアそば紀行」
さくら姫 著
角川学芸出版
角川出版企画センター
1200円(税別)




  


ということで、
漫画を読んで楽しくなった私としても、補足になるのでは?と、老婆心ながら一言添えさせてもらえれば…
蕎麦というと日本人だけが食べているような錯覚を持っている人も多いのだけれど、穀物としてソバの生産量を見れば海外のほうが圧倒的に多く、日本はむしろ下位に位置している。
生産量トップクラスのロシアでは子供からお年寄りまで滋味深いソバ料理に親しんでいる地域も広いし、中国 ウクライナ フランス アメリカ ブラジル ポーランドなど北欧諸国 カナダ カザフスタン なども日本よりずっと生産量が多い。

そんな世界中のソバ産地では、当然ソバ料理がいろいろな形で発達した。だからソバ粥やガレットばかりでなく、麺で食べているところも結構あるのだ。製麺方法は、日本のように細く細く切る方法ではなく、心太のような押し出し式が圧倒的に主流ではあるのだけれど。たとえば押し出し式製麺方法の韓国冷麺にもソバ粉が含まれているものが多いことは、良く知られている。特に韓国江原道という地域では、ソバ粉の割合の多い冷麺を名物郷土料理と謳っているらしい。
 

江戸ソバリエの講師でもあるイナサワ商店の「社長が行く世界のそば紀行

を読むと、写真入りでフランス ベトナム 中国雲南省 ネパールの様子も分かる。

 ソバって、益々楽しい。
posted by 笑門来福 at 19:04| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | 「脳学」レポート&著作物など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど〜。
あ〜、世界中の蕎麦を使った料理たべた〜い。
今日、興味津々さんと逢って食事しました。
とても楽しい時間でしたよ。また素晴らしい方ですねえ〜。

これは、いろいろなネタを持ち合って、「食を考える会」をしなくちゃねえ〜。
Posted by iwana at 2010年04月26日 20:30
iwanaさま

いつもコメント有難うございます。

>あ〜、世界中の蕎麦を使った料理たべた〜い。
そうですね。私もです。
味の付け方で、そのお国の個性がでるように思い楽しみですよね。

>今日、興味津々さんと逢って食事しました。
有難うございます。
興味津々さんは、生粉打ち蕎麦をメインにしている当会の実力派です。
2種類の繋ぎを入れるiwanaさまとは、
お互いの蕎麦の出来あがりの違いや、手法の違いを語り合える
楽しい異文化交流?のできる組み合わせかと思います。
できれば、お二人の会話議事録をとっておきたいくらいです。


お蕎麦のご縁で、細く永く繋がり嬉しくなります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 笑門来福 at 2010年04月27日 09:27
iwanaさま

昨日は 忙しい中 ありがとうございます。
初対面 何から話そうか 何を話そうか 正直ドキドキでした、しかし蕎麦の話 きりが無いですね、
まだまだ話たりない事だらけで・・・。
楽しい時間でした、またいつかお会い出来ればと思います。

Posted by 興味津々 at 2010年04月27日 16:49
興味津々さま
こちらこそ、ありがとうございました。
若輩ものの自分にいろいろ話してくださり、益々蕎麦にはまりそうです。

蕎麦も農業もフライ・フィッシングも頂点はあるようでありません。

まだまだお話が足りませんので、ぜひもう一度、と言わず何度でもお願いします。
こうなったら「食を考える会」を開いて、蕎麦を打ちながら、蕎麦談義、バイク、車、釣り、山菜の会議をしましょう。美味しいものを食べながら
お願いします。ちなみに秋ですかねえ???

笑門来福様も当然参加ですよねえ〜。

今後、よろしくおねがいいたします。
逢えることを楽しみにしています。
Posted by iwana at 2010年04月27日 17:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147865919
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

5月2日 #soba かぐもん的そばもん?!
Excerpt: そばもんに対抗して「かぐもん」とか言ってますが、 あらゆる意味で痛いなぁ。。。 山本おさむさんの、 そばもん ニッポン蕎麦行脚 2 (ビッグコミックス)です。 このマンガは教科書です..
Weblog: 神楽のお部屋。
Tracked: 2010-05-03 02:00