2009年07月19日

由比ヶ浜「松原庵」

画像-0068.jpg


70年の古民家を改築して2007年春オープン。蕎麦屋というよりも今はやりの和風ダイニングとでもいうのか、和洋折衷にとりそろった肴のメニューが豊富で、〆に蕎麦という提案のようだ。
 

土曜の昼11時過ぎに到着。路地を抜けてすぐの由比ヶ浜を少し散歩して戻ると、開店時間を待つようにしていたお客が次々に入店。そう狭くもない店内があっという間にいっぱいになった。


まだまだやってくるお客を、にこやかなスタッフが店内から外のテラス席へと誘導している。すごい。流石、観光地。
  

蕎麦と蕎麦汁

 画像-0066.jpgせいろ¥900.-を頂いた。北海道産のソバ粉を二八にしているという。少し濃いめの灰色で細打ち。茹で時間が短く、固い。辛汁は淡白、穏やかでおとなしい。薬味は、山葵とねぎ。

蕎麦湯は、ナチュラル系。他のテーブルでは、ほぼ100%の方々が蕎麦前を楽しんでいる頃合いであり開店時間すぐということもあって、まだ蕎麦の香りがなかった。

 ちなみに、昼のコースは、2800円か4000円。〆蕎麦に、せいろ か かけ を選ぶもの。これらの前菜を肴にして、冷えたグラスでビールに喉を鳴らす姿があちこちのテーブルで見受けられた。





    開放的な日本家屋の戸を開けたてれば、心地よい潮風も入ってきそうな素敵な建物ではあるが、空調の関係上?そうもいかず?外にテラス席を設えたのだろうか。それともただ単純に、溢れる来店者のために席数を増やしたのか。

更に駐車場奥に施設を建て増し工事していた。聞けば厨房を新設中という。ちらっと覗いた店内中央にある現在の厨房は、蕎麦のためのスペースが小さかった。厨房施設の事情が品書きにも表れている。
更にこの集客数であるし、何と言っても手狭なのだろう。繁盛、繁盛、大繁盛。

  

■住所
神奈川県鎌倉市由比ガ浜4-10-3■電話0467-61-3838■営業時間11:30-21:00 年中無休■アクセス江ノ電 由比ガ浜駅 徒歩2


posted by 笑門来福 at 11:11| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ⇒神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わー、いいですねえ。
いろいろなお店があって素敵です。
家はスキーシーズンだけしかやらない蕎麦屋なんです。立ち食い蕎麦屋がベースで裏メニューといいますか。一日限定何食かで手打ち蕎麦(天麩羅付き)をだしているんです。
なんせ夏は農業やっているものですから、でもいつかは限定で看板の無い蕎麦屋をやるってのもいいかも・・・。
この鎌倉のお店はいってみたい気がします。
Posted by iwana at 2009年07月20日 04:02
iwanaさま

おはようございます。
いつもコメント有難うございます。

限定の天麩羅+手打ち蕎麦!!いいですね。
スキーとダブルの魅力です。
看板も無い、本当の隠れ家蕎麦…
時間になると、それを知ってる皆が
「うししっ♪」と集まってくる秘密の楽しみですねぇ。
入口で暗号を言えた人だけが、蕎麦にありつける、とか。

そのためにも、豊作を祈っています。
Posted by 笑門来福 at 2009年07月20日 08:26
笑門来福さま
由比ヶ浜に「松原庵」という良い店が有るなんて知りませんでした。
 兆度その時間帯に近くの鎌倉に居ましたので知っていれば「松原庵」に立ち寄ったかも知れませんね、そうすれば、もしかして笑門来福さんにお会いしたかも知れませんね・・・
 残念、残念
Posted by 龍成 at 2009年07月21日 17:58
龍成さま

おはようございます。
コメント有難うございます。

「松原庵」お洒落なお店でした。
鎌倉には、こういった素敵なお店が多いようですね。
あっちキョロキョロこっちきょろきょろの
観光客としては嬉しいです。
Posted by 笑門来福 at 2009年07月22日 07:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。