2009年07月10日

季刊「新そば」N0.134



新そば134表紙.jpgお蕎麦屋さんに置いてある無料配布の小冊子   季刊「新そば」。625日にNo.134が発刊された。

 その名の通り、まるまる一冊が蕎麦好きには、興味深い記事でいっぱいだ。

その中でも、とくに今号で注目したい江戸ソバリエ関連記事が、P.32 『温度を味わう』加藤哲哉氏(江戸ソバリエ講師・元ヒゲタ醤油OB)のエッセイだ。温度計を持って、蕎麦屋を食べ歩いている加藤さんの視点に合点がゆく。私も個人的にであるが、化粧水を接されて笊に盛られ、目の前に供されたときの蕎麦の温度には好みがあり、面白く読んだ。

 余談ながら、P48には、江戸ソバリエ認定講座の案内が掲載されていた。


posted by 笑門来福 at 16:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■「脳学」レポート&著作物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。