2009年05月18日

西立川「萱草庵」



  わすれ草 わが紐に付く 香具山の
      故りにし里を 忘れむがため 

  (萱草 吾紐二付 香具山乃 故去之里乎 忘之為
万葉集 大伴旅人)

九州に太宰府の長官として赴任していた大伴旅人が、香具山のある明日香が懐かしくてたまらないので、辛さを忘れられると言う忘れ草を紐に付けてみたという。嫌な事を忘れさせてくれるという萱草(かんぞう・忘れ草)の花言葉は、理想郷。

萱草庵店構えJR青梅線 西立川駅から歩いてほんの5〜6分の場所に、師岡正廣さんは「萱草庵」という理想郷を築いている。オープンは0812月。

酒を愛した大伴旅人同様?に酒を愛する師岡さんの集めた酒器や、提供する酒の銘柄、さり気なく仕立てられた花や鉢植え、想いやこだわりの詰まったお店ということが、店構えや設えからも伝わってくる。
  

  
                    
蕎麦前
        さて、この日の蕎麦前は…。超辛口純米無ろ過「王禄」¥680-(王禄酒造/島根県 品書きによると〜ここのお酒は全国21店の酒屋でしか取引していない。なかなか手に入らないお酒。日本酒度+10度の超辛口ですが、旨味があり、通好みのお酒ではないでしょうか〜と)、 

かんぞう庵 ニシン.jpgそして更に
純米無ろ過生原酒「遊穂」\630.−(御祖酒造/石川県 またまた品書きによると〜菊姫を造った実力派の能登杜氏が和食だけでなく洋食にも合うお酒を造りました。力強い酸味と…搾りたてならではのフレッシュ感を味わえます〜と)。

かんぞう庵 鴨スモーク炙り焼き.jpgあてには、鴨のスモーク炙り焼き¥700.-とニシンの棒煮¥300.-を頂いた。


蕎麦屋としては少し珍しくワインも置いていることが、飲兵衛のお客としてはちょっと嬉しい。そしていつもであれば、価格設定が良心的であることに大喜びするところである。

が、師岡さんは石臼の会会員。開店前は、毎月の蕎麦打ち会で顔を合わせていた仲間ということで、甚だ余計なお世話と知りつつ、十分な儲けがあるのだろうか…と老婆心ながら思ってみたり。


かんぞう庵店内かんぞう庵かんぞう庵アート

     ↓好きで集めた酒器が並ぶ
かんぞう庵 酒器コレクション.jpg
しかし、隣のテーブルには国際色豊かな家族連れ、後ろには仕事帰りの背広組。皆、本物志向なのにこの良心的な価格ということで通っているお客に見える。

なんと奥のテーブルには、桜流のある蕎麦打ち上級者がいらした。師岡さんにご紹介頂き、ちょっとご挨拶をすると、開店直後から度々訪れているとのこと。つい冗談で「蕎麦屋にとっては、怖いお客さんですねぇ。」と申し上げると、「ふぉふぉふぉ〜」と愉快そうに笑っていらした。こんなお客さまがついているのであれば、安心である。


 
オープン半年。師岡店主の築く理想郷が、訪れるお客にとっても理想郷と感じられるお店に育ってくれるよう、そして末長く益々繁盛してくれるよう、仲間として心より応援するばかりである。

 
 

蕎麦と蕎麦汁
       実は以前、たまたま 浅草「蕎上人」で蕎麦を手繰っていたら、師岡さんがひょっこりと厨房から現れた。お互い「ん?」。なんと浅草「蕎上人」平沼さんのところで修業していたのだ。つまり暫くは仲間内にも内緒で、腕を磨いていた。という訳で、何と言っても本領は蕎麦である。

 
かんぞう庵 二八そば.jpg初めて「萱草庵」に伺ったこの日は、「二八そば」¥780.-を頂いた。福井産のソバの実を、黒い外皮つきを4割、“丸抜き”つまり甘皮付きを6割にブレンドし石臼挽きにしてある。切り方が少ぉ〜し不揃いながら、十分な風味・甘みを残しつつ喉ごしを求めた極細打ちだ。とても美味しい。 

汁にも、お人柄が現れるのだろうか、「どぉ〜だ」と言った押し付けがましいところがなく、旨味ありで甘み抑えめ、サラリとしていて後残りしない。辛党の師岡さんらしくすっきりとキレの良い辛汁。
 

因みに「十割そば」\950.-は、八ヶ岳産の黒い外皮つきソバの実を、ゆっくりと石臼挽きしたもので、豊かな香りと甘みを追及したもの。やはり、二八よりもほんの少し、色が濃かった。
 

また、直ぐ隣で温かいお蕎麦(鴨南蛮)を召し上がっている方の丼の中を覗くと、冷たい蕎麦よりも幾分太めに切ってあった。熱い甘汁の中で蕎麦が、ヘタらないようにということだろう。
 
                                    
蕎麦湯と薬味
        
薬味は、オーソドックスに山葵とねぎ。美味しいソバの実を使っている店の蕎麦湯は、例外なく美味しい。思わず、おかわりも頂いた。また伺います。御馳走さまでした。 



 
 ■住所立川市富士見町1-15-7 メゾン ル・パルク1F ■電話042528-2424 ■営業時間11:3014:0018:0021:00■定休日 火曜日。水曜日は、夜のみ営業。 ■アクセスJR青梅線 西立川駅下車 南口より徒歩5分


    次項有別の日の 西立川「萱草庵」
     ↑石臼の会会員で「押しかける会」の記事


    次項有別の日の 西立川「萱草庵」
     ↑韓国KBS TV取材時の記事



    次項有別の日の 西立川「萱草庵」
     2010年5月30日付け




posted by 笑門来福 at 15:03| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | ⇒清瀬・東村山・東大和・立川市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ずいぶん遠くまで足をのばされたのですね〜。
また、このお料理のおいしそうなこと。ゴクリ!

>汁にも、お人柄が現れるのだろうか、
>「どぉ〜だ」と言った押し付けがましいところがなく、
>旨味ありで甘み抑えめ、サラリとしていて後残りしない。
>辛党の師岡さんらしくすっきりとキレの良い辛汁。

深い人間観察と表現力。すごいなぁ〜。
Posted by らんらん at 2009年05月18日 16:24
らんらんさま

いつもコメント有難うございます。
mixiから飛んできてくださったんですね。m(_"_)m

はい。そうなんです。
海辺の我が家からはほんのちょっと遠いので…
実際伺ったのが…開店後半年たってしまいました。

でも、桃源郷ですから少々遠くっても、伺えて良かったです。
美味しかったし、リフレッシュできました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by 笑門来福 at 2009年05月19日 10:28
〜笑門来福様〜
先日、一年ぶりにこちらで蕎麦を手繰って参りました。
師岡さんもお元気そうで、なによりでした。
その件、先程UP致し、こちらにTBさせていただきました。
どうぞ宜しくお願い致します。

先日教えて頂いた、 “ 南葛西清かわ ” さん近所のパン屋さん、
行って来ましたよ〜!時間も遅かったので、クロワッサンしか買えませんでしたが、
と〜〜〜〜っても美味しかったです!
教えていただき、ありがとうございました〜。

それでは、また・・・
Posted by 蕎麦麩羅座 at 2009年12月05日 13:11
蕎麦麩羅座 さま

いつもコメント&TBを有難うございます。
師岡さんの鮮やかなオレンジの暖簾といい、
蕎麦麩羅座 さまの写真はまたここのところ特に!!お洒落で素敵ですね。
師岡さんもお元気そうだと知り嬉しくなりました。

“ 南葛西清かわ ” さん近所のパン屋さん
気に入って頂けてよかったです。
私も昨日、カレーパン、ドライトマトの…何とか、など数種類頂きましたぁ。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by 笑門来福 at 2009年12月05日 19:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119742385
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

祝一周年!西立川の手打ち蕎麦屋 ・・・ 〔 萱草庵 〕
Excerpt: 今回は珍しく西へ出てみました〜。 っと言いつつ、夏にも来てましたが・・・。(笑) 甲州街道をひた走って参りましたが、この時季、街路樹...
Weblog: ☆蕎麦麩羅探訪☆
Tracked: 2009-12-05 12:52