種まき後35日目   6時40分 気温 12℃ 花の一つひとつが大きくなった。数も多くなり賑やか。    6時45分 気温 12℃ すべての蕎麦が蕾と花をつけた。成長するにつれ、蕾も増えて、ひと房当り10個前後の蕾や花を持っている。食害は収まり、虫は蟻が忙しくしているのみ。    ■11月4日 (火)晴れ晴れ 種まき後38日目   6時30分 気温 11℃ 3日間留守をした。蕎麦の全長は20センチ〜30センチ。.." />

2008年11月24日

高嶺ルビー栽培の記 その4

宵待庵 閑日記
   ( ^^) _~~

111日(土) 晴れ 晴れ種まき後35日目
  640分 気温 12

花の一つひとつが大きくなった。数も多くなり賑やか。

 
  645分 気温 12

すべての蕎麦が蕾と花をつけた。
成長するにつれ、蕾も増えて、ひと房当り10個前後の蕾や花を持っている。食害は収まり、虫は蟻が忙しくしているのみ。 
 

114日 (火)晴れ晴れ 種まき後38日目

  630分 気温 11

3
日間留守をした。蕎麦の全長は20センチ〜30センチ。日中の気温は19℃〜20℃のようだ。腹ペコ青虫は姿を消した。

115日(水) 晴れ晴れ 種まき後39日目
  75分 気温 10

蕎麦に個体差はあるが、すべてが花をつけ、かつ満開直前。朝は開ききっていないが、優しいピンクの濃淡が華やか。
葉は78枚に増え、更に小さい葉が12枚成長しつつある。一方で、合計13枚の双葉が黄葉した。双葉の芽生え、成長、黄葉はどのような役割があるのか。現在の大きさは、横径2,5p、縦径2cmの横長。イチョウの葉の角を取り、いびつに横へ広げた形状。双葉の成長はすべての葉がこのサイズで止まる。

     

後から芽が出た、3枚目以降の葉は大きくなり、成熟に向けて光合成をしているように思える。そのサイズは長径5p、短径3
,5pの縦長。しかも先は細く尖っている。受粉と結実はどうなるか。花を楽しみながら様子を見よう。

   7時10分 気温 11℃

ハトが遊びに来て、千両の赤い実を食べ、
蕎麦の花も突っついた。カメラを向けると逃げた。

  宵待庵

                  
 
11月9日(日) 雨雨 種まき後43日目
  9時 気温 11

日中も温度上昇せず。

1110日(月) 雨雨 種まき後44日目
  730分 気温 10℃
 
1111日(火) 曇り曇り 種まき後45日目
  8時 気温 11
  冷え込み昼間も気温上昇せず 14℃

冷涼の気候に適性のある蕎麦だが、成長に影響があるか。白い花にも薄いピンクが差す。


 
1113日(木) 晴れ晴れ 種まき後47日目
  9時 気温 13
  暖かさが戻り昼間の気温上昇し、19

花のピークは過ぎたが見頃は続いている。

     名月と蕎麦の花。
     今か今かと出ぬ月を、宵待庵の二人酒。
    新月 三日月  半月 やや欠け月 満月 
   
1114日(金)晴れ晴れ 種まき後48日目
  9時 気温 13  暖かさ続く。19

蕎麦の全長は
25センチ〜35センチ、種を蒔く時期が遅く、背丈が伸びないように思う。茎が太くならない。

宵待庵1114


次項有高嶺ルビー栽培の記 その1 を読む
  次項有高嶺ルビー栽培の記 その2 を読む
  次項有高嶺ルビー栽培の記 その3 を読む
  次項有高嶺ルビーとは、を読む

posted by 石臼の会会員 at 17:37| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ■「手学」蕎麦打ち&畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宵待庵さま

素敵な栽培の記を有難うございました。
しっかり読ませていただきました。

我が家の高嶺ルビーも、まだまだ咲いています。
あまりに美しいので、家の前を歩く方にも見せたいと、
北側の通路に一時鉢をだしましたが、
寒い日陰でも、びくともしません。強いです。

でも、結実は…未だ見当たりません。(^_^;)
Posted by 笑門来福 at 2008年11月29日 08:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック