2018年01月22日

第74回八王子蕎麦打ち会開催

120()に、高尾の里手打ちそば道場」にて、石臼の会74回八王子蕎麦打ち会を開催しました


テーマ:「新年会」

       蕎麦打ち風景.JPG

恒例のビンゴ大会で盛り上がりました。

       ビンゴ大会.JPG

親会

【酒】

 神月 純米(秋田県潟上市)

 にごり酒 五郎八(新潟県新発田市)

 天野酒 なま蔵 生酒(大阪府河内長野市)

 George Wyndham SHIRAZ 赤ワイン(オーストラリア)

 乾杯ビール ビットブルガー プレミアム ピルス(ドイツ)

                     今日のお酒.JPG

【試食蕎麦】

   南アルプス山麓産田舎風

   三芳産秋新手挽き十割無篩細切り

御殿場産自家蕎麦粉

【肴・つまみ】

  牡蠣フライ

 川輪町菜の花おひたし

鶏軟骨揚げ

 てんぷら

 昆布巻き

八つ頭

辛み大根おろし

 しめ鰺

 出流さとや謹製蕎麦麹味噌の焼き味噌

 チーズカナッペ2

 おにぎり

虎屋羊羹

エイヒレ

白菜漬け

小奈屋クリーミーカレーうどん匠揚げ

 野菜炊き合わせ

今後の蕎麦打ち会などの予定
   

   217():第69回調布蕎麦打ち会 募集中

 317():第75回八王子蕎麦打ち会

   47():第16回神田蕎麦打ち会

 429():第70回調布蕎麦打ち会 2018年度総会 

posted by Mic at 22:40| 東京 ☁| Comment(2) |   ⇒八王子蕎麦打ち会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

第15回神田蕎麦打ち会開催

120()に第15回神田蕎麦打ち会を開催しました

9名の方に参加いただきました。

西会津産会津のかおり一番粉をTさんが湯練りで打たれ、蕎麦いなり巻きを作りました。

              蕎麦いなり巻1.jpg

              蕎麦いなり巻2.jpg

親会

              懇親会.JPG

【酒】

酢鯨 純米吟醸(高知県高知市)

上喜元 純米(山形県酒田市)

屋守 純米無調整生(無濾過・無加水)全量ビン貯蔵 おりがらみ(東京都東村山市)

              今日のお酒.JPG 

【試食蕎麦】

◆雲丹蕎麦(西会津町会津のかおり)

七草蕎麦(山梨産信濃一号)

黒松内町産キタワセ

三芳産秋新手挽き無篩十割

深大寺生蕎麦(しまだや製)

              雲丹蕎麦と七草蕎麦.jpg 

                             雲丹蕎麦                                    七草蕎麦

【肴・つまみ】

 燻製チーズ

チーズの海苔巻き

 蕎麦麹味噌の焼き味噌

 玉子焼き

 豚さっぱり紅茶煮

 蕎麦いなり巻き

 干し柿

蕗味噌

 Blie(ナチュラルチーズ)

今後の蕎麦打ち会などの予定

   120():第74回八王子蕎麦打ち会 募集中 テーマは「新年会」 恒例のビンゴ大会を行います。

   217():第69回調布蕎麦打ち会

   429():第70回調布蕎麦打ち会 2018年度総会

posted by Mic at 14:19| 東京 ☁| Comment(0) |   ⇒八重洲/神田蕎麦打ち会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

第31回「深大寺そばを味わう集い」

新年、明けましておめでとうございます。
遅くなりましたが、参加者の責任を果たすべく、ご報告いたします。
IMG_20171224_105306_resized_20180101_041936319.jpg12日(火)にI氏より電話を頂き、みんな用事があっていけない、あなたはどうか、と聞かれ、特に用事がない、と答え、急遽参加することになります。この集い、いつもはウイークデーなことが多く、土日だった時に何度か出席した記憶があります。11時の受付開始から逆算して家を出ますが、予想以上に早く到着、お参りをして、
IMG_20171224_105345_resized_20180101_041934873.jpg蕎麦打ち場を見て、偶然すれ違った手配の確認をされていた門前さんのA氏にご挨拶をして、受付開始の11時前に入場、3番の札をもらい、記帳をして、1Fのホールで待機します。IMG_20171224_110745_resized_20180101_041934516.jpg手渡されたしおりには本日のそばの出所由来、そして、おしながきには、一献として新酒「浮岳」、漬物は野沢菜、先付は蕎麦寿司・鰯のゴマ漬・玉子焼き・ふろふき大根、新そばとし深大寺一味会産のせいろ、佐野市仙波産のけんちんそば、長野木島平産のそば汁粉、お土産として十二支土鈴、年越しそばとあります。11時半前に本堂に案内され、待つことしばし、先導の鳴らすお鈴に続き8名の僧侶、住職、紙にくるまれ熨斗を掛け三宝に載せたそばを頂く一味会の2名の方が続いて入場。声明、読経に続き、献そば式が始まります。夏そばの時とやり方を変えたのか、仏前でそばを切る所作は省略されています。夏そばの献そば式ももう3年は出ていないので同じように変わっているのかもしれません。
IMG_20171224_113217_resized_20180101_041935784.jpg式が終わり、住職のお話、今年はやはり白鳳仏が国宝に指定されたのが一番のニュース、今だから話せるオフレコ話で笑わせて頂きます。
IMG_20171224_115101_resized_20180101_041934695.jpgお焼香をし、蓮の華を模した国宝指定のお札を頂き、2階の座敷に移動、受付でもらった3番のテーブルの指定された席に座ります。このテーブルは江戸ソバリエ協会に割り当てられた席のようで、理事長のH氏を囲むように江戸ソバリエ5人が同席します。斜め中央が市長らが座るビップ席ですから準ビップ対応です。
IMG_20171224_115341_resized_20180101_041935454.jpgテーブルには既にお盆の上に、先付、漬物、蕎麦猪口、薬味が配膳済みで、中央には一味会謹製の「浮岳」4合瓶と徳利が1つ置いてあります。その徳利には既に酒が満たされており、1人1合近くはあるようです。12時となり、副住職の司会で会がスタートします。お酒を注ぎ始めて6名のうち1名は下戸であることが分かり、配分が増えます。漬物には野沢菜以外にたくわんがあり、どなたかが持参されたものが追加されています。つまみ、蕎麦前を頂くうちに、今回の深大寺一味以外のそばとして参加されている栃木県出流の「さとや」さんと「いずるや」さんが紹介され、ご挨拶をされます。我々が昨年秋の栃木蕎麦紀行でお邪魔したり「さとや」さんは、今年の一味会の研修で立ち寄られたお店だそうで、出流山満願寺への参拝の後に寄られたようで、ご縁があります。先付に書かれていたふろふき大根は深大寺地場産のもので、熱々のものが別皿で出されます。
IMG_20171224_121627_resized_20180101_041936126.jpg先付、ふろふき大根を食べ終えたタイミングで、深大寺一味会が育てたそばがせいろで出されます。今年は天候不順でしたが、皆さんに出せる量は確保出来た、とのことで有難いことです。
IMG_20171224_121854_resized_20180101_041935972.jpg続いてのご挨拶は江戸ソバリエ協会の理事長H氏でさとやさんの「白そば」の由来のお話、続いて江戸ソバリエにして調布在住のお茶の先生Uさんがご挨拶、何故だか「しまだや」さんの女性が続き、次が市長です。このタイミングで出てきたのがおしながきにないぶっかけそば。続いてのご挨拶は天台宗総本山の宗務総長、調布警察署長、元調布消防署長にして元消防総監、天文台長、元天皇の料理番、1人挟んで、
IMG_20171224_131424_resized_20180101_041934318.jpgみなみらんぼう氏と続き、
IMG_20171224_131955_resized_20180101_041935085.jpg佐野市仙波産のけんちんそばが出て、天文カレンダー屋さん、テノール歌手が1節&アンコール、汁入りの蕎麦猪口とそば湯、長野木島平産のそば汁粉、煎茶が出て、
IMG_20171224_140207_resized_20180101_041935278.jpgトリの挨拶は住職、で散会となります。階段を降りて、しまだやさんの開運祈願「深大寺生蕎麦」のお土産を受け取り、玄関を出て、本堂にお参りをすると、忘れ物を思い出します。会場に戻り、H氏から言われていたさとやさん謹製の蕎麦麹味噌を受け取ります。蕎麦麹味噌とは珍しい、さとやさんがいろんな苦労を乗り越えて完成させた1品、蕎麦打ち会の時に焼き味噌にしてみんなに味わって頂きましょう。お参りすると、すぐご利益がある、浮岳山深大寺さんって、素晴らしいお寺です。

☆ほしさまのレポート




☆大竹先生のレポート


クリックしますと、皆様のお顔を見られます。
posted by highland at 16:35| 東京 ☀| Comment(2) |   ⇒深大寺さまと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする