2015年05月23日

第58回八王子蕎麦打ち会

以下の通り実施しましたので、ご報告します。


日時:523日(土)

場所:「高尾の里手打ちそば道場」にて

参加人数:石臼の会会員11



テーマ:変わり蕎麦を打とう

M先生ご指導のもと、更科粉を湯捏ねして、ピーナッツ切り・ミドリムシ切り・胡麻切り・パウダー青のり切り・生青のり切り・蓬切り など、それぞれ思い思いの変わり蕎麦に仕立てました。


DSC08812.JPG


DSC08819.JPG


懇親会&変わり蕎麦の試食



DSC08832.JPG



DSC08826.JPG



DSC08824.JPG



DSC08821.JPG



尚、懇親会への持ち寄り品は、概ね以下の通り。


【酒】

雪中貯蔵 純米(秋田県大館市)・山形のどぶろく山形県飽海郡)・千代鶴 樽酒(東京都あきる野市)・雪の松島(宮城県黒川郡)・真澄(長野県諏訪市)・開華 純米吟醸生酒(栃木県佐野市)Alpaca 2014 白ワイン(チリ)・乾杯ビール Primus(ベルギー)


【肴・つまみ】

刺身蒲鉾・クレソン・鶏いそべ焼き・韓国海苔・ししゃも焼き・黒胡椒焼鶏・チーズ揚げ餃子・春巻き・レバーペースト・フランスパン・胡瓜の漬け物・フィッシュ&アーモンド・おにぎり・紅鮭西京漬け





今後の予定会

6月  7():菖蒲で勝負(花菖蒲と蕎麦食べ歩き)

614():第5回神田蕎麦打ち会

628():第53回調布蕎麦打ち会

7月  4():第59回八王子蕎麦打ち会 テーマは「七夕」

712():鎌倉 蛍の夕べ(十年の区切りっ!最終回)

718():深大寺 夏そばを味わう集い

                     蕎麦奉納、蕎麦振る舞い

8月  9():第54回調布蕎麦打ち会


6月〜7月は、蕎麦打ち会が続いております。

上達のチャンスです。奮ってご参加ください。



posted by 笑門来福 at 15:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) |   ⇒八王子蕎麦打ち会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

神楽坂「かりべ」

真夏の様な強い日差しの昼過ぎ、我が家の呑兵衛組頭が、何か知らんがご馳走をしてくれるというので、久しぶりに神楽坂「かりべ」へ。


蕎麦前

まず、軽〜い薄ハリのグラスで、キリリと冷えた八海山地ビ−ル(ヴァイツェン)¥800.-/330ml。「くぅ〜っ、格別に美味しぃ〜っ!」


DSC08699.JPG



お願いしていた品書きが運ばれると、やっぱりどうしたって日本酒に行きたくなる。





DSC08704.JPGDSC08706.JPG

お通しの卵のお汁   更にお通しの蕎麦味噌

と、右上が こごみのごまよごし¥450.-




DSC08700.JPG


前菜盛合せ¥1000.- 稚鮎と切り干し大根の南蛮漬け¥700.-

値段…これ位かな?

呑兵衛組頭のおごりだったので、

よく覚えていないのでありました。

<m(__)m>





海老の味噌焼きと蕎麦掻き.jpg


海老の味噌焼¥700.- 蕎麦掻き¥1300.-

この海老の味噌風味が、日本酒に合ってドンドン進んでしまう。




ということで、この日飲んだ日本酒は、「八海山」本醸造¥900.-、大好きな「来福」純米吟醸さくら酵母のうすにごり¥900.-を、冷と燗で各1合。それから「天狗舞」純米¥1200.-という具合。「来福」の燗も本当に美味しいなぁ〜。




DSC08717.JPG


天せいろ¥2400.-を、天先でお願いして,

まだまだ飲みます。






蕎麦

呑兵衛組頭のせいろ蕎麦への声掛けを聞いても、私はまだもう少し天ぷらが食べたかったので…またまた?更に?天ぷらそば¥2400.-もオーダーしちゃったりなんかして…どれだけ食べるんだ?と自分でも思いますです、はい。だからぁ、えぇ〜と我々は、天せいろと天ぷらそばをそれぞれ食べたわけですなぁ。こんなで「痩せたい」なんて夫婦揃って言っているなんて、誰が信じてくれるのかっ…やれやれ。




DSC08717.JPG

DSC08721.JPG

 


まぁ〜ということで、写真的には、上が天せいろ¥2400.-の「天」。下が、後から持ってきてもらった「せいろ」。







 

 

DSC08719.JPG

DSC08724.JPG


それで、天ぷらそば¥2400.-のぉ、上が運ばれてきた様子で、下がこの揚げたて熱々の天ぷらを、熱々のかけ汁にをジュッと漬けたところ。釜の具合も素晴らしい蕎麦ののど越しの良さと、太白生しぼり胡麻油でカラッと揚がった天がお汁にしみて、またね、これが入ることによって一段と深みを増した汁と相まって、もぅとてもとても美味しくて、夢中で一気に手繰ってしまった。





■住所新宿区若宮町11-7■電話03-6317-0951■営業時間平日昼11時半 〜 15時(LO)/夜18時〜 22時(LO)/日祝11時 〜 21時(LO■定休日■アクセスJR中央本線東京メトロ東西線 南北線 有楽町線 飯田橋駅下車 徒歩5分/都営大江戸線牛込神楽坂駅下車 徒歩5  




   次項有お店のHP 

   次項有お店のブログ
     ※私たちのブログの右側にある「気になるプロのブログ」欄から、常時、「東白庵かりべ」店主さんのブログへリンクしています。


posted by 笑門来福 at 18:48| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ⇒新宿・豊島・渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする