2014年03月30日

石臼の会「冬の食べ歩き」〜小平「吟」

やっと家のインターネット環境が整ったので遅れて書き込み開始。
途中、笑○○福姐さんから催促のスパムメールがじゃんじゃか届き、メールソフトが悲鳴を上げてました。

さて、時は2月22日土曜日。晴天に恵まれ西武新宿線は花小金井駅に集合。


会長待合せ1.jpg


時間きっかりに会長と事務局長と改札口で待ち合わせを行い、いざ小平らふるさと村へ!
残念なことに小平ふるさと村からの参加者は3名で寂しいスタートとなりました。

ふるさとむら1.jpg

「小平ふるさと村」の入り口からみた古民家。昔の田舎を思い起こす茅葺屋根です。
ここの小平ふるさと村は小平に昔からあった農家や古い建築物を文化遺産として残すために作られた施設のようです。

囲炉裏1.jpg

古民家では囲炉裏があり、薪がくべられてました。3人が燻されて一日中煙臭い匂いが
残りました。薪とか匂いってそう簡単に消えませんね。

糧うどん1.jpg

一つ目の目的「小平糧うどん」
糧とはうどん以外についている野菜の事で、貧しい時代にうどんだけでは量がたりない
ので野菜で量を増やしたそうです。

小麦粉は地元産農林61号(だったと思います。)出汁はかつをと椎茸で優しい味わいの汁でした。
野菜はホウレン草、大根、ねぎなど地域によって変わるらしいですが、ここ、小平ふるさと村
ではこの3品だそうです。

会長うどん1.jpg
事務局うどん1.jpg

美味しそうに頂く会長と事務局長。うどん結構長いんです。

お腹も一杯になった所で「小金井公園」へ梅を見に移動します。

やえとうじ1.jpg
梅1.jpg

今年は関東でも大雪が振り、2月の末でもまだ寒く、梅の開花も遅れているようでした。
比較咲いている株の写真をぱちり。種類は「やえとうじ」と言うらしいです。
このあと時間一杯まで江戸東京たてもの園を見学。三井家など有名な家を見学して
いざ、小平へ。

小平吟1.jpg

小平「吟」
落ち着いた佇まいでここにも店主の拘りが伺えます。(これは後ほど思い知る)

店主1.jpg

店主の渡邊 草さん。
ご実家も蕎麦屋で茨木県の「村屋東停」と言うお蕎麦さんで故片倉氏より蕎麦を学んだそうでうす。
しかし、店主の渡邊さんは実家では一切蕎麦を学べず別の店で修業をしたそうです。

独露身1.jpg
藤原定家1.jpg

店主の拘り。
お店には和歌など飾ってあり、先人から多くの事を学んでいると話していました。
しかし皆さん博学で和歌など良く知っておりました。ソバリエたるもの蕎麦だけでは
ダメなのでしょうね。

お酒1.jpg
おつまみ12.jpg
おつまみ21.jpg
香り高い微粉の蕎麦.jpg

上からお酒の「参酒」。店主が選び抜いた拘りのお酒です。
おつまみは写真など載せないでみたいな事をおっしゃてたようですので
2品ほど。
これ以外に出汁まき卵や天ぷらなど種類が豊富なラインナップでした。

肝心の蕎麦ですが、ご主人が思う「はかなさ」を表現されているようです。
この辺の話は
に詳しく書いてあるので興味のある方は一読をお勧めします。

勝訴1.jpg

勝訴!

集合写真1.jpg

最後ご主人を囲んで集合写真。

一言。いやはや、ご主人の拘りが半端なく一つの蕎麦道を拝見しました。
時間も経って忘れてる部分もありますが、私の文章力では伝えきれないと
判断したため、ぜひ自分の目で、舌で体験していただきたいです。
遠路はるばる足を運ぶ価値はあると思います。

では。

笑○○福姐さんごめんよー




小平「吟」情報

■住所小平市美園町2-9-7■電話042-344-7732■営業時間平日12:0014:30/18:0021:00 *土日祝日11:3015:00/18:0021:00■定休日月曜不定休■アクセス西武新宿線「小平駅北口より徒歩5

posted by とよ at 17:23| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ⇒国分寺・国立・小平・小金井市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

第3回八重洲蕎麦打ち会 開催

3回八重洲蕎麦打ち会開催

316()に、日本橋の「桜流蕎麦打ち道場にて、石臼の会3回八重洲蕎麦打ち会を開催しました
    蕎麦打ち風景0316.jpg

蕎麦粉

石森製粉:常陸秋蕎麦

マルシメ川嶋商店 食味テスト用新蕎麦 BEF

親会

      懇親会0316.jpg

【酒】

梅酒(沖縄県石垣市)

みすず 特別純米  (長野県塩尻市)

にごりワイン

乾杯ビール 

【試食蕎麦】

石森製粉:常陸秋蕎麦 新蕎麦

マルシメ川嶋商店 食味テスト用新蕎麦 BEF

【肴・つまみ】

ふきのとう・かき菜・わさび菜・紅菜苔のおひたし

下仁田葱焼き

蕎麦掻きぜんざい

キャベツの昆布茶漬け

鯖の冷燻

蕎麦米揚げ物

焼き豚

つるしベーコン

サラダセット

今後の蕎麦打ち会などの予定

412()調布蕎麦打ち会(総会)



posted by Mic at 20:06| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) |   ⇒八重洲/神田蕎麦打ち会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

2014 伊豆蕎麦紀行

河津桜が咲く頃に行く伊豆蕎麦紀行、もう4回目になるのかな。今回の参加者は7名、車2台に分乗して伊豆半島を巡ります。私たちの集合場所は荻窪駅南口、ここにI氏が出してくれる車が来て2人が乗車。集合時刻は9時、早めに着いたので立ち食い蕎麦屋さんで、ちょっと腹拵えです。

定刻の10分前に到着したのですが、既に他の方は集合済み、まず目指すのは藤沢駅、ここでもう1台の車と合流します。いつもは混んでいる環八は渋滞もなくすいすい走ります。集合時刻の10時半に30分も早く到着します。もう1台は江東区から1人拾って、鎌倉のSさん宅に寄っての到着です。


                      車(RV)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)         車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

日曜日の鎌倉は混むと言われ随分早くに出発Sさん宅でお茶を飲んでたんだって、優雅なことです。藤沢駅まで電車で来る方を待って、1軒目のお店を目指します。旅程では11時開店となっていますが、調べると11時半。50分も早くお店に着いてしまいます。車の中で待つしかないのか…。




 

茅ヶ崎市「氷室椿庭園」

携帯の地図を見ると「氷室椿庭園」なるスポットを見つけます。ネットで調べると、開花時期だし、開園中だし、おまけに無料だし、風邪をひくと嫌だからというSさん1人を車に残して、そぼふる雨の中、庭園に向かいます。個人のお宅を茅ヶ崎市に寄贈されたそうで、椿の溢れる庭でした。



■highland提供写真 (3).JPG

この他、椿の種類は200種以上におよぶ


 


 

ー(長音記号1) ー(長音記号1) ここで、うさこさんの呟き ー(長音記号1) ー(長音記号1)


氷室椿庭園に夫妻の育てた新種「雪月花」がありました。

”椿守夫妻の愛の雪月花”    遊卯作

ー(長音記号1) ー(長音記号1) ー(長音記号1) ー(長音記号1) ー(長音記号1) ー(長音記号1) ー(長音記号1) ー(長音記号1) ー(長音記号1) かわいい ー(長音記号1)



三井不動産の元副社長だった方のお宅だそうで、奥さまが花、特に椿がお好きだったようです。遺族が相続すると税金を支払うため切り売りするしかなかったんでしょうなぁ。でも、メンテナンスにお金が掛かることを考えると、寄贈されてもなぁ、と思うのは貧乏人だからでしょう。お店に戻って、




 



茅ヶ崎 蕎房「猪口屋」

前回の伊豆蕎麦紀行の帰途に寄ろう、と言っていて寄れなかったお店。今回は1軒目のとして訪問。居心地よくて長居をしてしまいました。


■highland提供写真 (5).JPG






  蕎麦屋詳細は、ブログ内
 茅ヶ崎 蕎房「猪口屋」のページへ

20139月より移転の新住所

■住所神奈川県茅ヶ崎市東海岸南6--18■電話0467- 55 – 9688■営業時間木・金・土・日・月 昼1130〜蕎麦終了次第〆(1430閉)/18002130L.O. 2100)※火曜日は隔週〈第2、第4〉昼のみ営業、HPでご確認ください。■駐車場7台 ■小学生未満入店不可


次項有お店のHP




 


ここで旅に掛かる費用+予備費で会費を徴収。いつも会計は私が任されていたのですが、前回、信州に行った時、初めて使途不明金が発生。基本は集めたお金で支払って、残ったお金を返す、これだけのことですから、赤字になることはないはずのです。家に帰って、精算すると、9000円も足りないんです。


旅程を見直して、つけ落ちしている所がないか、探しますが見つからない。結局、みんなに状況を説明をして、不問に付して貰いました。今回は別の方に交代を申し出ましたが、希望者はなく折衷案を検討、計算と支払いの分業制にすることにします。1人じゃなく監査役を入れることにします。


実はガソリン代の精算がややこしいのです。解散場所のガソリンスタンドで、実績に基づき、帰途のガソリン代を予測して、以降の高速代含め支払って、清算します。この計算を含め計算業務は、私がパソコンを使い、引続き実施。別の方が集金、支払いを行い、ポイントで残金をチェックという仕組み。



                    車(RV)
ダッシュ(走り出すさま)      車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)





 

「蔵」から「土藤商店」

予定していた観光スポットの江川邸、反射炉、蕎麦屋1軒も立ち寄りを中止、道の駅伊東マリンタウンでトイレ休憩をし、夜の二次会用つまみを買います。満開との情報が入っている河津を見て、Y氏お気に入りで店を閉めずに待ってもらった「蔵」さんという甘酒&日本酒熱燗を頂き、一路南下します。



■伊豆シリウス提供写真 (3).JPG
 

毎年寄っている「蔵」みやげ物屋。一杯の燗酒が旨い。


 

河津までは登り車線は車が途切れることがないくらいの混みよう。河津を過ぎると流石に車の数は減ります。宿近くの土藤酒店で二次会用の酒類の買い出し。



■伊豆シリウス提供写真.JPG


明治20年創業の土産物屋さん。土藤(つちとう)商店。


創業127年。下田で明治20年(1887年)から商いを続け、明治・大正時代にタイムスリップするかのようなオシャレトロな酒屋さん土藤商店。オリジナルラベルのお酒や拘りの地酒、下田ならではのお土産を、ギャラリーに飾るように扱っている。事前に連絡すれば、当時のまま残った貴重な郷土資料のような品々の説明もしてくれるので、学校関係の団体さんも問い合わせてみるとよいかもしれない。

 

■住所静岡県下田市三丁目6番30号■電話0558-22-0021■営業時間9:0020:00■定休日不定休■アクセス 伊豆急下田駅下車 徒歩11

   次項有土藤商店運営のネットショップ

         



 

ホテルジャパン下田


そして宿に到着。18時15分前に着きましたが、18時からの食事には間に合わず、19時45分からの回になります。それじゃ、先に風呂へ。

20130309ホテルジャパン下田玄関全景ハイランドさまより提供.jpg


みんなが食事に行っているからでしょう、風呂は空いています。これはこれでありでしょう。ゆったりとB1Fの風呂に入り、B4Fの洞窟風呂に移動。ここは完全に貸切り状態です。風呂から上がってしばし休息、40分に1Fロビーに集合、なのに1名が来ません。何と2F食堂前で待機中。


全員揃って、さあ夕食です。


■伊豆シリウス提供写真 (9).jpg


前菜
野菜と海老のゼリー寄せ

マテ貝の香草バター風味

トラウトサーモンのマリネ

独活のサラダ

菜の花の昆布〆



■伊豆シリウス提供写真 (10).jpg



スープ
ポテトのクリームスープ・ビーツのエスプーマとベーコンのチップを添えて







■伊豆シリウス提供写真 (2).jpg


 

真鯛の紹興酒蒸し・刻み野菜とガーリック醤油







 

■伊豆シリウス提供写真 (1).jpg


 

仔牛フィレ肉と帆立貝のロースト

ワイルドライスと蟹のリゾットコロッケ




 



デザート

伊豆苺のやわらかムース (写真なし)


 

前回が和食でしたので今回は洋食。まずはビールで乾杯、和食だと日本酒に行くのですが、洋食なので必然的にワインになります。酒代はこっちの方が高くつくなぁ。食事を終えて、部屋に戻り、二次会。7名にしてはちょっと買いすぎたようで、結構余ります。



    
      眠い(睡眠)    眠い(睡眠)    眠い(睡眠)    


翌朝は日の出前に目が覚めます。ネットで日の出の時間を確認すると、一風呂浴びても大丈夫なくらいの時間があります。風呂から上がって日の出を待ちますが、昨日同様の曇り空でNG。ご来光は諦めて、1人で朝の散歩に出掛けます。イーストビーチにはもう数名のサーファーが出ています。

歩くだけでも寒いのに、ウエットスーツは着ているとはいえ好きじゃないと出来ないなぁと思いつつ宿を見上げると左手の方に桜が見えます。折角だからウエストビーチも少し見て、そこから1Fへの経路を探りますが、見つからず、エレベーターホールに戻りますが、ホールの扉に鍵が掛かっていて入れません。


見ると横にインターホンがあって、フロントを呼び出すよう。去年はこんなセキュリティシステムはなかったのに、何かあったんでしょう。何度か押して、やっと開けてもらい、1Fから桜のあった場所を探します。あります、あります。宿にも早咲き桜があったんですね。早起きは三文の得。


部屋に戻って、少しニュースを見て、朝食会場へ。朝食は和洋ともあるブッフェ形式。少しずつですが、食べたいものを取るだけで、お盆の上は一杯、これがまた美味しいんだなぁ。和朝食をメイン食べ終えて、今度は洋朝食をちょこっと。外を見ると、また雨が降っています。ああ今日も雨かぁ。


出発時刻までお土産を物色しつつ、フロントでのチェックを待ち、ラウンジでお茶を頂きます。ここで残金チェック、ピッタリです。出発予定時刻を若干過ぎて、
みなみの桜を目指します。



■highland提供写真 (14).JPG

みなみの桜


 

ここは前回来て、人が少なく、でも桜が綺麗で、次も来ようと行っていた所。菜の花畑を左に見て、駐車場に到着。


 

着いた頃には雨は上がっています。やっぱり、こっちの方がいい。風が冷たいので散歩は程々にして、記念写真を撮り、お店で、会社用、家用の土産を購入。この旅2軒目の蕎麦屋に移動。当初は「そば高」さんを予定していたのですが、当日は臨時休業中ということで、昨年も行った「竹安」さんに寄ることに。




途中、前回も寄った道路沿いの産直店「あずさ気まぐれ売店」にも立ち寄ります。

■highland提供写真 (16).JPG


Sさんが桃の枝が欲しいので、取り置いて欲しいと連絡済。ここでも買いたいもの、特に魚関係が素晴らしいのですが、持ち帰っても料理をしてもらえそうにないので断念。開店時刻を少し過ぎて、お店に到着。




 

下田市須原「竹安」

まだ駐車場には車の姿はなく、一番乗り。4人のテーブル席2つに陣取り……。朝食を食べたのによく食べますこと。

竹安 らっきょと大関.jpg








蕎麦屋詳細は、石臼の会ブログ内下田市須原「竹安」のページへ










■住所静岡県下田市須原1113-1■電話0558-58-0200■営業時間11:0014:00■定休日火水木金



          車(RV)ダッシュ(走り出すさま)    車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

 

予定時刻より若干早く、お店を出発、大室山方面に向かいます。大室山は以前は徒歩でも登れたそうですが、芝生保全(=法面保護)のため、リフトのみ稼働中。天気が良ければ登る価値がありますが、曇天のため展望が望めないため、割愛することになります。お腹を減らすにはどこかに寄らないと。



代わりに動物との距離が近いというシャボテン公園に寄ろうということになりますが、ネットで入園料を調べると1名さま1800円と偉く高いので却下。近くの「蕎仙」さんに直行。大室山付近は大黒山高原という名の通り周囲に比べ標高が高く、まだ残雪 雪 があります。随分と降ったみたい。





 

伊東市 手打ちそば十割処「蕎仙」
■  

山里の小さなお蕎麦屋さん。始めて今年で10!!! だそうです。まごころを伝えたくて、添加物は“ 愛”だそうです。すべてに美味しくいただきました。

伊豆興味津々蕎仙 (3).jpg




 蕎麦屋詳細は、
 石臼の会ブログ内
 
伊東市十足
 手打ち十割蕎麦処「蕎仙」のページ




 

■住所静岡県伊東市十足3296■電話0557-45-6681■営業時間11001500 ■定休日変則休日があるので、お店のHPなどでご確認ください。 完全禁煙 ■駐車場(20台)

次項有お店のHP


 

   
 
        車(RV)ダッシュ(走り出すさま)    車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)



お店を出て、少し早いけど帰ろうということになり、一路集合場所の藤沢駅を目指します。ガソリンスタンドを見付け、ガソリンを満タンにし、燃費を計算、これから以降の走行距離、高速代を試算して、ドライバーにお渡しし、残額を調べると見事ご明算。6500円ずつ返金して、解散となりました。



今回の蕎麦紀行、天候には恵まれませんでした、いやいや、雨、曇天という天候に恵まれ、楽しい旅になりました。荻窪駅にも19時には到着、早目の解散。少し早かったので、私は三鷹駅南口のクラフトビール屋さんに寄り道。お土産として菜花をお渡し、ビールを1杯頂き、無事帰宅、と相成りました。



 

文:highland

写真・資料提供:シリウス Mic 興味津々 highland

ホテル夕食献立解説と一句:うさこ





posted by 石臼の会会員 at 16:18| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ⇒静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下田市須原「竹安」

3月3日() 2014 伊豆蕎麦紀行2日目。まだ「竹安」の駐車場には車の姿はなく、一番乗り。4人のテーブル席2つに陣取り、熱燗とだし巻き玉子を注文。運転手さんには申し訳ないですがノンアルコールビール。



 

もちろん蕎麦(海老天おろし、きのこおろしそば2、もり、鴨せいろ2、鴨南ばん)もすぐに発注、昨日の轍は踏みません。



■竹安鴨せいろ興味津々提供2.jpg

鴨せいろ


■竹安鴨せいろ興味津々提供.jpg


1人のお客が来てもう1つあるテーブル席に座り、次に来たカップルがカウンター席に着いて、これで満卓ですが、蕎麦はもちろん先に出てきます。ホテルで朝食を食べたのによく食べますこと。



 

〜 highland 〜


 

  

■住所静岡県下田市須原1113-1■電話0558-58-0200■営業時間11:0014:00■定休日火水木金


    次項有2014 伊豆蕎麦紀行 記事へ
posted by 石臼の会会員 at 16:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ⇒静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茅ヶ崎 蕎房「猪口屋」

前回の2013伊豆蕎麦紀行の帰途に寄ろう、と言っていて寄れなかったお店。今回は1軒目として訪問。その時の場所から少し駅に近い所に移転されたようで、見た目は蕎麦屋の佇まいではないようです。


■highland提供写真 (5).JPG



看板も目立たない小さなものだけ。店前に置かれた順番待ちシートに記入して行ったのですが、帰って来ても人影はなし。少し待って定刻にオープン、入って右手の個室に通されます。


小上がりの和室で、堀込だったら足を伸ばせていいのにね。出来ない理由は茶室としてレンタルが出来るようにということらしい。


気になるつまみ(白菜漬、のれそれ土佐酢、煮牡蠣を2つ、うどの柚子味噌)を頼み、運転手には申し訳ないけど、お酒を1合(飛露喜)頼みます。この時蕎麦も一緒に頼めば良かったのですが、後で、にして大失敗。

というのが、お客さんが続々と入ってくるのです。入って左側のテーブル席、カウンター席は満員。



遅れて頼んだ蕎麦はつけとろ、穴子天せいろ、ぶっかけ、カレーうどんとのセットと鴨せいろが3つ。蕎麦は半透明でしっかりと打った蕎麦。


■猪口屋Mic提供写真 (2).JPG

↑ざるぞば と ミニカレー↓うどんのセット


■猪口屋Mic提供写真 (3).JPG


食べ終わって、蕎麦湯を飲みつつ時計を見ると13時前、当初の出発予定を1時間以上オーバーしています。居心地よくて長居をしてしまいました。



〜 highland 〜





20139月より移転の新住所
■住所神奈川県茅ヶ崎市東海岸南6--18■電話0467- 55 – 9688■営業時間木・金・土・日・月 昼1130〜蕎麦終了次第〆(1430閉)/18002130L.O. 2100)※火曜日は隔週〈第2、第4〉昼のみ営業、HPでご確認ください。■駐車場7台 ■小学生未満入店不可

次項有お店のHP


   次項有2014 伊豆蕎麦紀行 記事へ

posted by 石臼の会会員 at 16:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ⇒静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

伊東市十足 手打ち十割蕎麦処「蕎仙」

あんなに待ち遠しかった 32()3()石臼の会2014伊豆蕎麦紀行」。河津桜・温泉・蕎麦 あっ!! っという間に終わってしまいました。さて、その中で私のレポートは、2日目の2軒目訪問の 手打ち十割蕎麦処 「蕎仙」。

何年か前に訪ねた時の蕎麦の味が忘れられなかったので、今回コースに入れてもらいました!!!


まずは、つまみから


伊豆興味津々蕎仙 (4).jpg



伊豆興味津々蕎仙 (2).jpg


「蕎麦掻き」「桜海老のかき揚げ」をいただきました。



そして蕎麦…

伊豆興味津々蕎仙 (1).jpg

何年か前に食べた時と変わる事なく、昔の味でした。素晴らしいです。1.0o□ 〜 1.3o□角 細切り十割蕎麦 茹で時間 5 !守り続けている。



伊豆興味津々蕎仙 (3).jpg

クレープは蕎麦粉100%の柔らかクレープ。マンゴー和えとブルーベリー和えと二種類。

もう、ぜ〜んぶハートたち(複数ハート)美味しかった。
一軒目でしっかり食べて来ているのに…。見て楽しんで、食べて楽しんで…。


山里の小さなお蕎麦屋さん。始めて今年で10!!! だそうです。まごころを伝えたくて、添加物は“ 愛”だそうです。すべてに美味しくいただきました。ごちそうさまでした。また寄らしてもらいます。

〜 興味津々 〜


■住所静岡県伊東市十足3296■電話0557-45-6681■営業時間11001500 ■定休日変則休日があるので、のHPなどでご確認ください。 完全禁煙 ■駐車場(20台)

 

次項有のHP



posted by 石臼の会会員 at 15:37| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ⇒静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする